~Marketing Automation Professional~

2016年2月7日日曜日

オープンソースのマーケティング・オートメーション

マーケティング・オートメーションとは何か、ということはこちらの記事に記載のとおりですが、やはりマーケティング・オートメーションの価格帯を調べると年額で200万円以上は少なくともコストがかかる上に、そのツールを使いこなす人員のコストを考えると、最低でも500〜800万円ほどの費用はかかります。

しかし、企業にとってこのコストは、
・営業職を1〜2名雇用できる
・毎年WEBサイトを本気で改修できる
・イベントに数回出店できる
など、特に予算の限られた中小企業にとっては、やはりマーケティング・・オートメーション(以下MA)導入の優先順位はそう高い位置づけになることはまず無いと思われます。

しかしながら、そんな中小企業向けにもコストをかけること無く導入できるマーケティング・オートメーションツールがあります。

オープンソースのMAツール
世界ではどんどんオープンソースのMAツールが開発されています。
一部をご紹介致します。




Leadsius

まず最初は、Leadsiusのご紹介です。こちらはスウェーデンにHQがあり、チリにもオフィスがある会社です。UIもEloquaとPardotの中間に位置するイメージです。トラッキングコードをWEBに埋めたあとに、LeadsiusがそのWebの所有権を確認する動きをします。Google Analyticsの認証フローと同じです。
無料版に含まれる機能:
  • 2500リード
  • 1ユーザー
  • フォームとランディングページ作成(無制限)
  • HTMLメールの作成とテンプレート
  • リードリスト管理(静的のみ)
  • レポート - メール、フォーム、ウェブ解析
  • サポート - コミュニティサポート
より2500以上のリード登録や、ユーザーの追加、更に高度なマーケティング・オートメーション機能など必要になった場合は、$ 295/月で有料版Leadsiusの提供の1へのアップグレードが可能です。個人的には無料版の段階でスコアリングが出来なかったのがネックです。

Jumplead

Jumplead
無料版に含まれる機能:
  • 200リード
  • 200のウェブサイトの訪問者
  • 100通のメール
  • 1 SEOのキーワード
  • 1ユーザー
かなり基本的なパッケージですので、小規模にテストとして活用してみるには良いと思います。$ 49 /月で有料版にアップグレードすることができます。

SalesAutoPilot

ハンガリー産MAであるSalesAutoPilotは、FREEプランとスタータープランの2つの無料プランがあります。詳しくはこちらを。SalesAutoPilot
無料版に含まれる機能:
  • 400メール(追加メール1,000通につき$ 11)
  • 1ユーザー(追加ユーザーの$ 9 /月)
  • イベントトリガアクション、ランディングページ、A / Bテスト)
  • Eコマースモジュール
  • テキストメッセージの送信、パーソナライズされたPDFファイル、テレマーケティングサポート
  • CRM連携モジュール
  • アフィリエイト連携モジュール
  • ヘルプデスクツール連携モジュール
SalesAutoPilotは個人的にはMarketoのUIに似せているように感じています。無料でスモールスタートでき、使えそうであればアップグレードするのでも有りかもしれません。ネックとしては手動でリードの追加が出来なかったので毎回CSVでアップロードが必要でした。

SimplyCast

オートレスポンダー
無料版に含まれる機能:
  • メールキャンペーン
  • ターゲットドリッププログラム
  • 日付指定できる電子メールのトリガー
  • WYSIWYGのエディタランディングページ・HTMLメール)
Mauticは、なんと無料ツールの中で唯一日本語化しています。元Eloquaのメンバーが多く参画しているようで、UIは非常にEloquaに近いです。キャンペーン作成画面はパーフェクトにEloquaですので、長期的にEloquaを検討するユーザーのお試し版としての使い方もよいかもしれません。
無料版に含まれる機能:
  • 日本語化
  • モニタのリード線
  • 1to1メール、動的リスト作成
  • WYSIWYGのエディタ(ランディングページ・HTMLメール)
  • リードナーチャリング
  • スコアリング
  • レポート
  • 活動履歴登録
恐らく日本で最も今後使われてくるオープンソースのMAツールかと思われます。日本でもコミュニティや紹介サイトが作られはじめました。有料版でも年額120ドルは素晴らしく安い!オープンソースのMAでは最大手のベンダーです。

Pimcore

インストール型のMAツールです。一部自動化されていないところもありますが、アナリティクス機能が豊富です。
Pimcore
無料版に含まれる機能:
  • メールマーケティング
  • A / Bテスト
  • アナリティクス
  • ソーシャルメディアの統合
  • ターゲティング

ORBTR

ワードプレスに基づいて構築されたORBTRは、マーケティング・オートメーション・システムです。ワードプレスでWEBサイトを構築されている方はこちらがお奨めです。
ORBTR
無料版に含まれる機能:
  • アラートメールが充実
  • Jetpackのフォーム
  • リード識別をWordPressのコメント欄で実現

InTouch CRM

こちらは元々は中小企業向けに無料又は格安のCRMを提供する企業ですが、マーケティング・オートメーション機能を無料の範囲で追加しているため、CRMと一緒に構築したいという方にとっては便利なツールです。
InTouchの
無料版に含まれる機能:
  • 100通のメール
  • 2ユーザー
  • 1カスタムフィールド
  • 1 Webフォーム
  • リード登録無制限
無料版では多くの機能を使うことはありませんが、無制限のリードの登録と、そもそもマーケティング・オートメーション+CRMの組み合わせでの効果があるかどうかを実験する機会としては良いかもしれません。アップグレードは$ 15 /月で可能であり、より多くのカスタムフィールド、電子メール、およびリード管理機能が追加されます。

OpenEMM

メールマーケティングに特化したアプリメーカーであるOpenEMMは、オープンソースでのMAツールも開発しています。
OpenEMM機能
無料版に含まれる機能:
  • リードリスト管理
  • 連絡先データベース
  • ターゲティングとイベントトリガアクション
  • メールテンプレートの作成
  • レポート

Customer.io

Customer.ioは様々な機能を提供し無料版から4つの価格帯のパッケージを提供しています。
Customer.io
無料版に含まれる機能:
  • 200リード(連絡先)
  • 400毎月メール
無料版でできることはかなり少ないですが、$ 50 /月のアップグレードで、あなたは5000のリード上限値と10,000通のメール/月の上限まで利用可能です。
マーケティング・オートメーションを必要とするかどうかについての判断材料として、InTouchと同様に、Customer.ioの無料版は、良い勉強材料であると言われています。

更に知りたい人へ

日本国内において、無料のマーケティング・オートメーションソフトウエアの導入支援の行う唯一の企業が、弊社グリードナーチャリングです。
お客様にマッチしたソフトウエアの判断から導入支援、そして活用フェーズまでのサービスを提供いたします。



Supported By

マーケティング・オートメーション(MA)
クロスチャネル・キャンペーンマネジメント(CCCM)情報を集積するメディアサイトです。

Popular Posts

Powered by Blogger.